弁護士による事業再生・企業再編のサポート「はじめての事業再生」ニュース・リーガルコラム

06-6222-5755 受付時間/平日AM10:00~PM5:00 メールからお問い合わせ

弁護士による事業再生・企業再編のサポート「はじめての事業再生」ニュース・リーガルコラム

破産以外の方法を一緒に考えましょう 経営を諦める前にご相談ください

06-6222-5755 受付時間/平日AM10:00~PM5:00 メールからお問い合わせ

『相続&事業承継 プロフェッショナル名鑑』に掲載されました

『相続&事業承継 プロフェッショナル名鑑』に掲載されました

掲載内容

 日本経済出版社から販売されている『相続&事業承継 プロフェッショナル名鑑』という書籍に、当事務所を掲載して頂きました。ジャパネットたかたの高田明さんの顔写真が表紙に掲載されている書籍です。

   https://www.nikkeibook.com/book/178274


 この書籍は、弁護士だけでなく(むしろ弁護士の掲載数は少ないです)、税理士・会計士等の相続や事業承継の問題に関する専門家の情報を掲載したものです。有難いことに、当事務所は弁護士の中で一番初めに掲載して頂いており、私の顔写真も載せて頂いています。ご興味ある方は、是非ご一読下さい。

事業再生と事業承継

 最近、新聞等で事業承継に関するニュースを目にすることが増えたと思います。高齢化社会が進み、跡継ぎの問題に悩んでおられる中小企業が多いのは、私も日々仕事をする中で実感しています。
 上記『相続&事業承継 プロフェッショナル名鑑』の記事においても触れましたが、事業再生と事業承継の問題は深く絡み合っています。業績が悪化し、借入金が膨らみすぎた会社の事業承継を考える場合、事業承継の前に事業再生を行わなければなりません。そうでなければ、後継者は、返しきれない借金を抱えたマイナスの状況から事業をスタートさせることとなってしまいます。事業を承継させる前提として、まずは事業を再生させ、事業や財務状況の正常化を図ることが必要となるのです。

 事業再生も事業承継も、経営者にとっては頭の痛い問題でありながら、後回しになってしまいがちです。しかし、事業再生・事業承継の必要性があるか否か、必要性があるとしてどのような手法をとるべきかは、その問題に精通した専門家に相談しなければ判断することは困難です。健康診断を受けるような感覚で、専門家にご相談なさることをお勧め致します。